コロナ禍の添乗看護師

全ての人が

健康的で自分らしく輝き

楽しく人生を送れるような

情報を発信しています

ナーシャルワーカー

(nurse+socialworker)

儀間 ゆかりです

 

 

旅先での予期せぬ出来事

私はツアーナース(添乗看護師)の

お仕事もしております。

 

主に沖縄県内外の

修学旅行に同行することが多いです。

 

県外の学生が沖縄に修学旅行に来るときは

那覇空港でお迎えし、

那覇空港でお見送りするまでがお仕事。

 

2泊3日~4泊5日ご一緒します。

その間の、学生さんや先生方など

同行する皆さまの健康管理が

ツアーナースのお仕事。

 

 

体調不良やけがは、

予期せぬ出来事。

それらに対して

学校や、保護者、旅行社さんの

考えや方針によって

毎回現場での対応は変わってきます

 

とても臨機応変さや

柔軟性が求められるお仕事だと思います。

 

コロナによる影響

 

昨年の3月以降

その修学旅行も中止が相次ぎ

ツアーナースとしての

お仕事は激減しました。

 

 

昨年度(2020年度)に

私が添乗したのは2校のみ。

 

何回か延期した後に

中止となった学校がとても多く

濃厚接触疑いの生徒がいると

直前に中止になった学校もありました。

 

一方で、何回かの延期の末

タイミングを見計らって復活し

実行できた学校もありました。

 

今年度も同じような

状況が続くであろうと判断し

1年間お休みをいただいています。

 

来年度はどうなるのか?

まだまだ分からない状況ですね

 

 

旅は準備の段階が楽しい

私は旅をするのが好きです

特に国内旅行。

京都と北海道が好きです。

京都はプライベートで行くのも

仕事で行くのも楽しい。

 

ただ、そこ・京都に居るというだけで

なんだか心が落ち着くのです。

 

コロナの影響で移動が制限され

自由に旅をする事が

まだまだ厳しい状況が続いています。

 

世の中が落ち着き

多くの人が安心して

旅ができる日が一日でも

早く訪れると良いですね。

 

今こそ学びの時間と捉え

旅行医学についても学びを深めています

 

タビマエ(旅前)の意識で

心躍ろかせながら

旅が戻ってくる日を

楽しみにしています。

 

旅は始まると楽しくて

あっという間に終わっちゃうけど

始まる前の、この!

準備段階が一番好きな時間。

わくわくしています。

 

 

毎日配信中

メルマガ登録はこちらから

↓  ↓  ↓

病院では教えてくれない健康情報
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です