開催しました・首里城ウォーク

25年の看護師経験を基に沖縄の長寿県復活を目指して

車社会に慣れ親しんだうちなーんちゅのための

日常の歩き方を意識するアフアフ(健康)ウォーク

代表 ぎまゆかりです

去った2020年2月12日に首里城ウォーク開催しました

開催レポです

守礼門近くで集合

朝10時に守礼門近くに集合

簡単に「歩き方講座」をしました

ポイントはいつもお伝えしています

①目線を上げる

②かかとから着地する

③膝を伸ばす

その他に

・重心(頭の位置)は踵と土踏まずの間を常に意識する事。

・坂道や階段の上り下りもお伝えしました

踵と土踏まずの間

そして、大事な自己紹介!!

私自身、初めてお目にかかる方もいましたが

参加者同士の交流もできると良いなと

いう事で、自己紹介していただき…

いざ出発!!

歩くとすぐに仲良くなれる

小学生の男子も一人参加ありました

一緒に参加しているお兄さんたちと

すぐに仲良くなりました

どんどん進み歓会門

首里城公園内にパワースポット

燃え尽きた正殿を見た後に

那覇~豊見城まで見渡せるビュースポットで

心地よい風を感じました

そして、圧巻なのは

こちら

大きながじゅまる!!

生きる力をいただけました

助け合い・ゆいまーる

思ったより皆さん歩くの早くて

時間が余ってしまい…困っていると

首里出身のお兄さん達が

首里城公園内の穴場スポットへ

案内してくれました。

そこで、学生時代の思い出を聞いたり(笑)

日常に取り入れられるストレッチをしたり

グリコポーズしたり(笑)

有意義に時間を使うことが出来ました

この後、首里城跡の石碑前で

参加者全員で記念撮影!

通りがかりの外国人が撮影係を

かって出てくれました

これもよい写真なのですが

カメラマンの外国人さんが

「more!more!more!」と

私たちをたき付けて(笑)



みんなの最高な笑顔を引き出してくれました

ありがとうございました

この後、休憩スペースで交流したり

参加賞をお渡ししたりして

解散!!

うちなーんちゅのちむぐくる(肝心)

首里城が燃えた時、私が思ったこと

「正殿が燃えてなくなっても

うちなーんちゅのちむぐくるや

歴史や文化はなくならない

むしろ、今後私たちが紡いでいくことが出来る」

この想いから今回の首里城ウォーク開催しました

結果、参加者さんや通りすがりの外国人にまで

助けていただきました。

参加者さん同士もゆいまーるしていて

この後、仲良くなった皆さんで

ランチに行ったりLINEグループ作ったり

イベント後も繋がっています

首里城を通して、このゆいまーる精神を見ることが出来て

とても感慨深く、イベント開催して

良かったと、つくづく感じています

そして

これからも、このゆいまーる精神

うちなーんちゅのちむぐくるを大事にして

生きたいですね。

首里城ウォークお礼

ご参加くださいました皆さん

本当にありがとうございました。

皆さんのおかげで楽しいイベントとなりました

また、このような機会を設けますので

次もご参加くださいね

今回参加できなかった方もぜひ

みんなで楽い時間を過ごしましょう♪

最後までお読みいただき

ありがとうございます


身体に負担のかからない歩き方や

首里城ウォークなどの楽しいイベント情報は

こちらの公式LINEから

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です