これまでのお禮と2021年4月以降の活動について

27年の看護師経験を基に

沖縄の長寿県復活をめざし

いつもの歩きと呼吸を整えて

疲れにくい身体と心の余裕を手に入れる

アフアフ(健康)ウォーク

代表 ぎまゆかりです

 

 

今回は、2017年1月から

ウォーキング講師として活動してきた

これまでのお禮と

2021年の4月からの活動についての

ご報告です。

 

3年間で のべ800人

2017年1月から

ウォーキング講師として活動して参りました。

この度、ウォーキング講師を卒業して

次のステージに進むことになりました。

 

 

実は、昨年の春以降、個別のレッスンを

募集するのを中断していました。

 

というのも、ご縁・ご依頼あり

クリニックでも月の1/3程度の日数、

応援ナースとして

お仕事させていただいていたからです。

 

勤務していたクリニックは

循環器内科で、75歳以上の後期高齢者が

とても多く、90歳以上の患者さんも

いらっしゃいました。

 

 

そのような環境で、コロナ禍

私が媒体となるリスクを避けたい。

そう考えて、クリニック勤務を優先し

ウォーキングの受講者さん募集を控えました。

なので、私がウォーキング講師として

活動したのは、実質3年ちょっと

(2017年1月~2020年3月)

 

その間、姿勢・歩き方などを

お伝えしたのは約800人。

(イベントやカルチャーセンター含)

 

受講者さんのみならず

とても多くの皆さまに

支えられ、応援していただき

活動を続けることが出来ました

本当にありがとうございました。

同時に、

クリニックへの応援ナースも終了しました。

快く背中を押してくれた院長にも

こころからお禮申し上げます。

(先生、たぶん見てないけど)

 

 

 

認知されてきた姿勢の大切さ

 

昨年のコロナの影響もあってか?

【健康的な身体つくりに姿勢は大切】

という事が、認知されてきました。

2017年、私が活動を始めた頃は

姿勢や歩き方と言えば

モデルのような【美】を

協調した方が良いよ。

なんて事を良く言われたもので(苦笑)

 

それでも私は【健康】を優先に

考えて【姿勢の大切さ】を伝えたい。

 

その基本方針は変えずに来ました

(今でも、これからもベースは健康)

 

沖縄でも、健康をテーマに姿勢を

お伝えする講座が増えて

とても嬉しく思います。

 

 

ただ新しい講座は

毎日、何かしらの行動を

プラスしないといけないものも多いようで

そこのジレンマは否めません。

 

毎日、何気なく行っている

【歩く】という行為を意識する

ただそれだけで、人生変わるんだよ

というメッセージは伝え続けていきたい!!

 

同じように想って下さっている、

全国で大活躍中の

新保先生がお越しいただける間は

こちらのイベントは主催させていただきます

正しく歩けば不調が消える

 

 

2021年4月からの活動について

 

今後の予定としては

先に述べておりますが

正しく歩けば不調が消える主催

・ハーバルセラピストとしてハーブ講座

そして!!

・看護師として地域の保健室を開設します

その名も☆彡

【わった~保健室】

 

 

活動内容の構想は

とても幅広く、ここには書ききれないので

追々、つづって参ります。

 

コチラのブログは、

私の活動(主催イベントやハーブについて)

のご報告や

「わった~保健室の活動日記」として

記録を積み重ねていきます。

 

 

引き続き

私、ぎまゆかり

宜しくお願い致します。

 

わった~保健室

副理事 儀間ゆかり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です