第6回健康講座~乳がんブレストケア講座

全ての人が

幾つになっても

健康的で自分らしく輝ける

未来を想造できる

情報を発信しています

ナーシャルワーカー

(nurse+socialworker)

儀間 ゆかりです

 

 

10月はピンクリボン月間!

毎月第3日曜日に開催している

わった~保健室の健康講座も

それを受けて

乳がんブレスト講座を開催しました。

 

 

今回、講座中に写真を撮っていないので

参考のために過去の講座風景を掲載します。

 

ピンクリボン月間とは

ピンクリボン運動とは

乳がんの正しい知識を広め

乳がんの検診受診と早期治療を

推進する目的が有ります。

 

今、日本では二人に一人が、

がんになると言われています

 

女性がかかる

がんの中で一番多いのが

乳がん。

日本人女性の9人に一人が

乳がんになる。

と言われています。

 

 

一方で、乳がんは

早期に発見すれば

治るがんだとも言われています。

 

 

 

 

 

 

 

乳がんブレストケア講座とは

乳がんブレストケア講座は

乳がんの知識をお伝えするだけでなく

セルフチェックの方法をお伝えしている。

講座です。

 

(イベント会場でのレクチャー風景)

 

座学で乳がんとは、現状などを

お伝えします。

その後、

セルフチェックの方法をお伝え

しますが、その時に模型を使って

実際のしこりの触感を

体感していただきます。

 

(社会福祉協議会での講座風景)

 

最後に、指先が敏感になる

不思議な手袋

「ブレストケアグラブ」も

ご紹介しています。

 

指先が敏感になる事で

小さなしこりも大きく感じ

より早期に乳がんを発見しよう!

という目的で作られたものです。

 

ぜひ、一度体感していただきたい。

 

(沖縄では私が唯一の正規代理店です)

 

 

早期発見・早期治療

 

今回、ご参加された方のおひとりが

医療従事者でした。

 

これから自分も乳がんについて

勉強していきたい。

なので、いろんな方の

講座を受けて勉強している所です。

 

そうおっしゃっていました。

 

また、印象的だったのは

医療従事者ではない方が

講座前にお話された

乳がんについての印象です。

 

「がんだから治らない」

「こわいもの」

という印象をお持ちでした。

 

確かに、お胸をとらないといけない。

(かもしれない)

抗がん剤を使わないといけない。

(かもしれない)

という意味では怖い病気かもしれません。

 

しかし、今では

乳がんの治療も多岐にわたっています。

 

担当医と一緒に

今後の暮らしも含めて十分話し合って

治療方法を決めていうことが出来ます。

 

発見が遅くなると

選択肢が少なくなることも

あるので、やはり

早期発見はとても大切です。

 

 

 

乳がんの早期発見・早期治療のため

これからの暮らしのためにも

選択肢を広げるためにも

「セルフチェック」を習慣化することを

お勧めしています。

 

ただ、やみくもに触っては

セルフチェックとは言いません。

 

正しい方法が有ります。

公民館や企業、学校など

出張にてレクチャー致します。

 

まずはお問合せください。

 

お問合せは➡コチラをクリック

 

 

(婚活イベントでも)

 

毎日配信中

メルマガ登録はこちらから

↓  ↓  ↓

病院では教えてくれない健康情報
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です