いつまでも元気なママでいて欲しい

25年の看護師経験を基に沖縄の長寿県復活を目指して

いつもの歩きと呼吸を整えて

疲れにくい身体と心の余裕を手に入れる

アフアフ(健康)ウォーク

代表 ぎまゆかりです

 

あるイベントで看護のお仕事をしてきました。

 

イベント会場を見守り巡回していて

子ども達は楽しく体験していて微笑ましかったです

反面、親世代の30~40代の方々には

ご自分の将来についても想像を膨らませていくと、

より豊かな暮らしになるのではないかと考えます

 

楽しいお仕事体験

私がイベントナースを勤めたのはコチラ

 

 

子ども達が体験するお仕事は

・フラワーアレンジメント ・エステ ・パティシエ

・新聞記者 ・デザイン ・声優 ・IT ・介護

それぞれのブースは、ほとんど事前予約から満席で

参加している子供たちもとても楽しそうに

真剣に取り組んでいました!

新聞記者になった子は、会場内の人へ声をかけて取材をしていましたよ

 

介護士のお仕事ってどんなイメージ?

そんな中、参加者の少ないブースがありました

【介護士のお仕事】です

 

予約人数が少ないので当日参加もOK!

ブースの担当者が

通りすがりの方へ声をかけても

遠慮しちゃうご家族もありましたが

せっかくだから!と恐る恐る?

体験を始めるお子さんもいました

 

実際ね、体験すると楽しいのよ♪

車いすに乗ったり、押したり

リフトで釣り上げられたり、釣り上げたり

そして!

おもりなどを付けて介護が必要になる人の体験もします

ぎこちない姿勢の悪さ

私もちゃっかり体験させていただきました(笑)

 

身体が前のめりになり右半分が思うように動かず

歩きにくい。。。

本当に貴重な体験でした。

お忙しい中、私まで体験させていただけて

介護福祉士会の方には感謝です。

 

ステージでもお仕事体験のお話

自分の将来の姿をイメージしてる?

 

 

私が自分の姿勢を改善しよう!と

本気で思ったきっかけは、年配の患者さん達を看て

「こんな風になりたくない」

と失礼ながら思いました。

腰や背中が曲がり杖をついて歩いている

おばぁちゃん達。

当時の私は、猫より猫背といわれていて

首コリ・肩こり、腰痛、膝の痛み

頭痛、生理痛などなど

いつもどこかしら痛がっていました。

じっと立っている事が出来ない

そして、疲れやすい。

整体では背中が曲がっていて一生治らない

とも言われていました

マスコットキャラクタージョブたんと

皆さんは、いかがですか?

身体の痛みや疲れやすさなど

全くナシ!いつも元気はつらつ!!ですか?

自分は介護されないと思っている?

もし、あなたが肩こり腰痛などが有ったり

疲れやすさや疲れが取れにくいなーなんて

感じていたら。それはもしかしたら

姿勢の悪さが原因かも!

多少の痛みや不調、疲れやすさで

介護なんて大げさな!と思っていますか?

今、貴女はおいくつですか?

沖縄の女性の平均寿命87歳まで

あと何年ですか?

それまで、今のまま健康でいられるでしょうか?

ちなみに沖縄の人の健康寿命は74歳

87-74=13。つまり要介護の状態が13年あるという事。

 

貴女にも明るく楽しい未来が待っている

子ども達のお仕事体験からもわかるように

今後さらに介護の担い手が少なくなってきていきます

将来、要介護にならないために

40歳代の今から姿勢や身体の使い方を見直しましょう

認知症予防には40歳代からの運動習慣が大切とも言われています

 

平均的な要介護の13年を迎える前に

要介護にならないために

今の自分にできる事。

 

歩き方や姿勢を見直しませんか。

忙しい毎日でも続けられます

 

特別な動作や時間は不要です

忙しい貴女の為に身体に負担のかからない

日常の歩き方・身体の使い方を身に着けるのが

アフアフ(健康)ウォークのレッスンです

 

まず親が姿勢を良くし子供に見せる

そして、その子が成長し親になったときに

自分の子供に背中を見せてあげられる

そんな素敵な連鎖の始まりに

貴女もなりたくありません亜k

公式LINEでは正しい姿勢や歩き方の

ワンポイントアドバイスや

親子で参加できる楽しいイベント情報をお届けしています

アフアフ(健康)ウォーク

代表 ぎま ゆかり

 

病院では教えてくれない健康情報
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です