いつでも・いくつからでも始められるウォーキング

沖縄の長寿県復活!を目指して

24年の看護師経験を基に

浦添市の隠れ家スタジオで

ウォーキングレッスンや健康に関する講座を開催しています

アフアフ(健康)ウォーク代表

ぎま ゆかりです

 

筋肉をつける歩き方

【姿勢を正してゆっくり歩く】について

 

一般的にウォーキングは

・1万歩歩きましょう

・大股で

・早歩きしましょう

とよく言われます

本当にその歩き方で大丈夫ですか?

歩いた後、太ももの裏やお尻が筋肉痛になってますか?

(歩いた後、筋肉痛にならないようにマッサージも大事です)

 

しっかりと筋肉を使った歩き方をしないと

膝や腰を痛めてしまいます

 

せっかくウォーキングをしているのに

身体を傷めてしまっては勿体ないです。

今回は生徒さんの体験談も交えてお伝えします

 

 いつでも始められる

皆さん、ほぼ毎日ウォーキングしていますよね♪

ウォーキングしていないよ~

苦手だよ~~

という方でも歩いていますよね

【移動手段として】

ウォーキングするぞ!!

身体を動かす習慣を身につけるぞ!

と意気込まなくても歩いています。よね

 

そのいつもの歩きを、姿勢と呼吸を意識するだけで

効果的なウォーキングに変換できます。

 

自分の足で歩く事ができる人ならば

いつからでも、どこででも

始められます!

姿勢を整えて歩き、呼吸を意識する事で

正しく筋肉を使う事ができて

ウォーキングが全身運動となります!

 

美脚&美尻のために意識する事

姿勢を正して

呼吸を意識して歩く準備はOK!!

 

 

普段運動しない方が特に

意識したいのは下半身の筋肉

特に太もも~お尻。

 

身体の中で大きな筋肉である為

身体が安定します。

また代謝も上がり、

痩せやすい体質になります

 

大きな筋肉を使っていると連動して小さな筋肉も動きます

相乗効果でどんどん引き締まります

美脚&美尻になります

 

ウォーキングを続ける秘訣

 

逆に、姿勢が悪いまま歩くとどうなるのか?

膝や腰に負担がかかり

痛みの原因になります

痛みが有ると続かなくなります

・続けること

・日常に取り込めること

それが運動を続ける秘訣になります

 

姿勢が悪いと呼吸が浅くなります

有酸素運動の代表であるウォーキング!!

しっかりと呼吸を意識しないと・・・

勿体ないですよ~~

 

(勿体ないが口癖になりつつある)笑

 

見た目にも良くないですしね

 

生徒さんの体験談

今年、古希を迎える生徒さん

大病されてから、なかなか太らなくなったそうです

しっかりと筋肉をつけて「健康的になりたい」

これまで色んな先生からウォーキングを教わって来たそうです

 

毎日のように約1万歩、大きな歩幅で早足で歩くよう言われ

実践していたそうですよ。

毎日1万歩!!凄いですよね。感心します

 

私のレッスンに通い始めて

・・・これまでの先生と言っている事が違う

と、はっきり言われました(笑)

 

そう!私のレッスンのポイントは

◎沢山歩かなくて良い(日常の歩きで良い)

◎大股で歩くより、早歩きより

◎姿勢を崩さない歩き方

◎腹式呼吸をする

 

コース3回目の始まり

「先生の言うとおりに、ゆっくり姿勢を意識して歩いたら

お尻が筋肉痛になったよ。これって大丈夫?」

 

私「おめでとうございます!!」拍手(笑)

 

しっかりと筋肉を使って歩く事ができている証拠です

所で腰の痛みはどうですか?と伺うと

レッスン受け始める時にあった腰痛も改善されたそうです。

(肩こりはまだ変わらないけどね)

 

何より、姿勢の改善をご自身でも自覚されていました

(頭が前に出ていてストレートネックになっていました)

 

いくつからでも始められる

 

古希と言えば70歳ですよね

ウォーキングはいつからでも、いくつからでも始められます

筋肉も身体の使い方によっては鍛えられるのです。

実は90歳になっても筋肉は増やせるとも言われています

 

歳だから・・・と諦めないで☆

 

運動習慣はアラフォーから

 

歳を重ねて運動をはじめようとすると

なかなか難しいもので

かえって身体を傷める事もあります。

いくつになっても健康的で美しく♡

将来、介護を必要としない、

自立した暮らしをするためには

自分の足で歩き続ける身体を手に入れませんか

 

美しく歳を重ねて参りましょう♪

 

 

 

※自分の生まれ持った体質と生活習慣の改善点を知ることで

最短で結果が出せるダイエット法が分かります

詳しくはこちらをクリック

 

 

美しく華齢に歩いて生きましょう

アフアフ(健康)ウォーク代表

ぎま ゆかり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です