健康的なダイエットに運動が必要な理由を知っていますか?


24年の看護師経験を基に

浦添市の隠れ家スタジオで

ウォーキングレッスンや健康に関する講座を

開催しています

アフアフ(健康)ウォーク代表

ぎまゆかりです

 

ダイエットをする上で運動をした方が良いと

いう事は、誰しも考える事

 

忙しく始められない、始めても続かない、

そもそもどんな運動をしたらよいのか分からない

 

といった方も多いのではないでしょうか。

 

ウォーキング、スイミング、ジョギング、筋トレ

どんな運動をしたらよいのか?

より効果的なのか?

それは人によって違います

どんな運動が良いのか?それは・・・

DNAを調べるとすぐに分かります

詳しくは➔コチラ

ウォーキングなどの有酸素運動だけではなく

信号待ちや家事の途中に行える

「ながら運動」も教えてくれるので

とても実践的な資料が届きます

まずは、お問合せを➔コチラ

 

個々に合った方法だと

効果が実感しやすく、続ける事ができます

 

今回のテーマは2点です

・運動をせずに食事だけでダイエットをしようとするとどうなるのか?

・運動の効果

 

ダイエットをする目的は?

・痩せたい

・スタイル良くなりたい

・洋服を綺麗に着こなしたい

 

 

女性がダイエットの目的で上位にあげられるのは

この3つなのだそうです。

痩せる➔スタイルが良くなる

➔洋服を綺麗に着こなせるようになりたい!!

ですよね~~♡

では、メディアでも良く取り上げられる

食事方法のみのダイエットは

身体にどのような影響を与えるのでしょうか

 

 

 食事だけでダイエットするとどうなる?

食事だけでダイエットをするとなると

消費カロリーよりも、摂取カロリーを減らす

という方法になります

食事の量を減らしたり、低カロリーの物を選んで食べる

という事になりますね

 

・筋肉量が減る

・消費カロリーが低下する

・栄養素が不足する

 

といった事が起こり得ます

 

 

 筋肉量が減る

必要以上にカロリーを制限してしまうと

脂肪だけではなくて、筋肉も燃料として使われるため

筋肉量が減ってしまいます

 

車社会の沖縄では、普段から歩く機会が少ないため

県外の人に比べると足の筋力が低下している人が多いそうです。

歳を重ねた時にロコモシンドロームが深刻化する事が懸念されます

 

 

※ロコモシンドローム=運動器症候群

立つ、歩くといった移動機能が低下している状態

 

 

 

 消費カロリーが低下する

摂取カロリーを減らし、身体が飢餓状態となると

身体の恒常性(ホメオスターシス)が働きます

少量のエネルギー(カロリー)でも身体を維持できるように

エネルギーを調整してしまいます

生きるために、エネルギー(カロリー)消費を最小限に抑え

摂取カロリーを最大限吸収・活用するような身体になります

 

➔ちなみに、このホメオスターシスは働いている時に

ダイエットを辞めると大きくリバウンドする事になります

 

ファスティングで痩せてリバウンドするパターンです

 

 栄養素が不足する

食べる量が減ったり、偏った食事をしていると

必要な栄養素を十分取れなくなり

栄養不足になってしまいます

ダイエット中は

お野菜中心のお食事にする方も多いと思います

お野菜だけでは十分なミネラルやビタミンを摂取・吸収できません

また、タンパク質は筋肉の分解を抑える働きが有ります

しっかりとタンパク質は撮りましょう

 

また糖質ダイエットをする方もいるかもしれません

糖質や炭水化物を極端に制限すると

体内の糖分と一緒に水分も減ります

一気に体重減少しますが継続していくと

疲れやすくなったり、頭痛がしたり

集中力が欠けたりします。

 

 

たんぱく質を多く摂りすぎると

肉類に多く含まれる飽和脂肪酸やコレステロールが増えて

ドロドロした血液となり、生活習慣病にかかりやすくなります

全体的なバランスが大切になってきます

 

 

 

 バランスの取れた食事が大事

食事だけでダイエットをすると

リバウンドしやすく、健康面にも悪影響を

及ぼすという事が分かっています。

 

適度な運動をする方が、より効果的なダイエットになります

 

ダイエットにおける運動の効果

・筋肉量の維持

・代謝の維持

・消費エネルギーを増やす

・スタイルが良くなる

 

筋肉の維持

・筋肉は脂肪よりエネルギー消費が多い

・食事をしていないと筋肉が分解されてしまう

・日常的に筋肉を使う事で、筋肉が必要な身体になる

・筋肉が増えると太りにくい身体になる

 

 

代謝の維持

・運動を行うことで、筋肉や内臓に負荷がかかります。

・身体の様々な代謝を活性化する

・アドレナリンやノルアドレナリン、コルチゾール、成長ホルモンなどが多く分泌され、これが脂肪の分解やエネルギーの代謝を促してくれるとも言われます。

・筋肉量も維持しやすくなるので、運動を行うことでダイエットちゅうの代謝の低下を抑えることができます。

 

 

身体をデザインする

・ダイエットといっても、ただ痩せるだけでなくスタイルが良くなりたいと言う方は筋肉が必要です

・脂肪を落とすだけでは、ボリュームのある場所と細い場所を狙って落とす事はできません。

・全体的な脂肪を落としつつ、身体を維持する筋肉をつけて行く運動も必要となります

 

まとめ

  • 運動を行わずにダイエットを行うことは、ダイエットを苦しいものにするだけでなくリバウンドの原因にもなります。
  • 運動の効果は3つ「筋肉の維持」「代謝の維持」「消費エネルギーの増加」「身体をデザインする」
  • 運動大事ですよ!

 

しっかり食べて、身体を動かす事がより効果的なダイエットになるというお話でした。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です