新しい生活様式の注意点、運動・食・睡眠

25年の看護師経験を基に

沖縄の長寿県復活を目指し

いつもの歩きと呼吸を整えて

疲れにくい身体と心の余裕を手に入れる

アフアフ(健康)ウォーク

代表 ぎまゆかりです

 

なかなか落ち着かない様子の

新型コロナウイルス感染症

 

「新しい生活様式」に伴う

生活習慣病の注意点を

幾つかご案内していきます

 

 

新しい生活様式

 

 

新型コロナウイルス感染症が

日本に入ってきて約1年が経とうとしています

 

自粛生活でテレワークになり運動不足

を感じウォーキングを始めた方

 

 

自宅で食事を摂る機会が増える一方

飲食店を応援する意味で

宅配の利用やテイクアウトを利用する

 

新しい生活様式に馴染めなかったり

経済的な不安からストレスを抱える事も

 

また、こまめな手洗いやマスクの着用という

新しい習慣も加わりました

 

 

運動

自粛生活で運動不足を感じたり

コロナ太りなんて言葉も生まれたり

これもまた、新しい生活様式で変化した事

 

屋外で一定の距離を取ることが出来る

ウォーキングを始めた方も多いです。

 

意気込んで初めても続かなければ

リバウンドしてしまいます。

 

運動公園などで歩く

「ザ・ウォーキング」をしなくても

私たちは日常から歩いています

その歩き方を意識しましょう

 

 

歩き方に関しては

・運動公園にいかなくても良い

・腕の振り方は肘を後ろに引く

・ゆっくりと姿勢良く

・呼吸を整えて

と、いつものレッスンの通り。

 

余裕があるなら

家で出来るストレッチや

筋トレも良いですね

 

 

食事

 

自炊をする習慣がなかった方が

楽しく自炊をするようになった

という話を聞く事もあります

 

楽しくお食事をされるのは良いのですが

栄養のバランスも考えると尚、良いですね

 

 

難しく考えることなく

食卓を彩り鮮やかにして

並んだお料理の調理法を分ける

例えば、揚げ物、酢の物、蒸したもの

などなど、

炒め物と揚げ物が同時に並ぶと

油の取り過ぎになる事もあるので

蒸したり焼いたりと調理法を変える。

そういった工夫もしながら楽しみましょう

 

睡眠

 

運動不足やストレスで睡眠障害は

起こりやすいです。

自律神経の乱れですね。

 

 

人は朝起きて15時間くらいで

眠くなるというメカニズムが有ります

 

朝、太陽を浴びて

身体と心を覚醒させることから始めましょう

日中は身体を動かして体温を上げます

寝る2時間前に、20~30分位お風呂に入って

身体を温めるのも良いです

 

寝る前の飲酒や水分・塩分の取り過ぎは

夜中に排尿のため途中覚醒に繋がります

控えた方が良いでしょう

 

以上、運動・食・睡眠について

簡単では有りますが参考になったら嬉しいです

 

日常に簡単に取り入れることが出来ることから

始めましょう

 


 

いつもの歩きを変えるだけ

特別な動作や時間は不要

忙しい貴女のために

身体に負担のかからない

日常の歩き方・身体の使い方を

お伝えしています

 

毎日配信中

メルマガ登録はこちらから

 

↓  ↓  ↓

病院では教えてくれない健康情報
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です